column コラム

日常でできるホリスティック・ヘルス&ビューティケア 昼編

日常生活の中で、カラダと心の健康美を育むには?今回は、ホリスティックビューティ協会監修の元、日中にできる簡単なセルフケア習慣を紹介します。手作り発酵調味料のレシピ付きなので、腸活にも活用を。続けるほどに、体調とメンタルが整い、気軽にできるものばかりです。ぜひお試しください。

AM11:00 「ハーブティーで心身の温活をする」

穏やかに心身の癒しへと働きかける植物療法の中で、最も一般的で手軽な方法といえるのが、ハーブティー。お湯を注いで抽出するだけで、ハーブの有効成分をカラダに取り入れることができ、その香りにはアロマセラピーと同じようなリラックス効果もあります。効果を持続させたいときは一度にたくさん飲むよりも、一日3〜4回に分けて飲むのがおすすめです。また、妊娠中にたくさん飲むのは避けましょう。

例えば
こんなハーブティー

カモミール
心を落ち着かせ、ホッとしたいときに。

ペパーミント
シャキッっと活動的なスイッチへ切り替えたいときに。

エキナセア
風邪予防など、免疫力を高めたいときに。

FREE TIME 「サプリを取り入れて栄養バランスを調整する」

ビタミンやミネラル、アミノ酸など、59種類もの栄養を含んだ「石垣島ユーグレナ」に1,000億個の乳酸菌をプラス。安心・安全にこだわった無添加※1サプリメント。ミドリム150粒 4,975円(税込)。

現代の日本人の食生活は、炭水化物や脂肪、タンパク質を代謝するために必要な、ビタミンやミネラル、食物繊維などが不足しがちな傾向にあります。そこで手軽に解決できるセルフケアとしておすすめなのが、飲むだけで栄養バランスをサポートできるサプリメントです。ただし、材料を固めるために添加物を使用した市販品も多いので、選ぶ際にはきちんと内容を確認しましょう。

PM2:00 「腸から免疫力を高める、発酵調味料を仕込む」

微生物の働きで、栄養価や保存性が高くなる、消化吸収がよくなる、腸内環境が整うなどの多くのメリットがあり、旨みが増して味わいも豊かになる発酵調味料。中でも塩麹やしょうゆ麹は、少ない材料で手軽に作れるので、手作りするのもおすすめです。いつもの塩やしょうゆ代わりに使うのはもちろん、肉や魚を漬け込んだり、野菜を和えたりと、幅広い料理で活躍してくれます。保存容器は、煮沸かアルコール消毒をした、ふた付きのガラス瓶がおすすめです。

塩麹の作り方
〈冷蔵庫で3〜6ヶ月保存可能〉

材料(作りやすい分量)
米麹(生) 100g
水 100mL(麹がつかる量)
塩 30g

作り方
(1)水を保存容器に入れ、塩を溶かして塩水を作る。
(2)(1)に米麹をほぐして入れる。
(3) ふたをして常温で一晩おく。麹が水面から出ているときは、ひたひたになるまで水(分量外)を足す。
(4) 1日1回スプーンでかき混ぜる。常温で1週間から10日おき、とろみが出たら完成。

しょうゆ麹の作り方
〈冷蔵庫で3ヶ月保存可能〉

材料(作りやすい分量)
米麹(生) 100g
しょうゆ 100mLほど(麹がつかる量)

作り方
(1)米麹を保存容器にほぐし入れ、しょうゆを加える。
(2)ふたをして常温で一晩おく。麹がしょうゆから出ているときは、ひたひたになるまでしょうゆ(分量外)を足す。
(3)1日1回スプーンでかき混ぜる。常温で5日から1週間おき、とろみが出たら完成。

PM5:00 「自然を感じながら、外を散歩する」

公園や神社、街路樹などの木々や花を眺めながらのウォーキングは、代謝アップが期待でき、運動が苦手な人でも始めやすい体を動かす習慣に。そして、大地や自然とのつながりを感じることで、不安や焦りから心身を癒すセラピー「グラウンディング」にもなります。仕事の帰り道に公園をコースに入れたり、一駅歩いてみたりと、自然の息吹を感じながら散歩する時間をルーティーンに加えてみましょう。

1つでも「やってみようかな?」と思うものがあれば、ぜひ暮らしに取り入れてみてください。タイムスケジュール形式で紹介しましたが、ご自身の生活に合わせてアレンジいただいても大丈夫です。前向きなセルフケア習慣で、あなたの毎日がより健やかに、より美しく、輝いていきますようにーー。

※1食品添加物不使用

profile

NPO法人日本ホリスティックビューティ協会 (セルフケア監修)

女性のカラダと心のケアに的を絞った日本初の啓発団体。ウェルネスプロデューサーの岸紅子氏が代表を務め、セミナーやワークショップ、ホリスティックビューティ検定を通じ、自然治癒力の高め方やセルフケア法を伝えている。

other column

その他のコラム